« 今季のKYU その① | トップページ | ふと・・思った事。 »

2005/11/23

今季のKYU その②

前半は昨年よりレベルの低かった九州リーグですが、後半は各チーム明らかに伸びてきました。
特にV・ファーレンとヴォルカ、かりゆしの伸びは圧巻と言えたでしょう。V・ファーレンとかりゆしはリーグ戦の最中も選手を補強。これで底上げが出来た所にシンプルな戦術を徹底させた事が大きかったと思います。

これら3チームに対して、サンは打開策を打つタイミングが遅かったと言わざる得ませんし、NWは守備の補強は進まず例年通り安定感をまったく欠いたシーズンに終始しました。
琉球は選手層の薄さが最大の敵となりましたね。
ロッソも開幕から思ったほどチームの完成度は上がらずに後半苦戦を繰り返しました。

今季のKYUは浮き沈みの激しいリーグだったと思います。
そしてその浮き沈みの最大のポイントは多くのチームが安定的なチーム運営が出来ず、もしくはする暇もなくリーグに突入した事でしょう。大分があと一人、二人、強力な補強をしていれば・・という所でしょうか。

あらゆる意味で過渡期にきたKYU・・地域リーグの縮図みたいなものが見えたリーグでしょうね。
Jを目指し立ち上げたばかりのチーム。
Jを目指し頓挫したチーム。
Jを目指し迷走しているチーム。
企業チーム。
これだけ揃ったリーグも中々珍しいもんです。

|

« 今季のKYU その① | トップページ | ふと・・思った事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/9487018

この記事へのトラックバック一覧です: 今季のKYU その②:

« 今季のKYU その① | トップページ | ふと・・思った事。 »