« 鹿実と野洲 | トップページ | さぁ、きた! »

2006/01/09

野洲

いや~
7日にあれだけ書いた手前「バックれようか・・」と思いました。

強かったわ、野洲。
なるほどよくパス回して見た目綺麗なサッカーでした。
局面では個人技で勝負するあたり面白かったです。
勢いに乗ったのと、山本監督が選手によく自信つけさせてた。

鹿実は決定力がなぁ・・出場停止も響いた。
でも強かった。あの前に出てくる圧力はさすが・・。
それ相手にあんな試合できた野洲もお見事。
これ俺の中で処理しにくいなぁ。
まぁ、1回目なんで無理やり「流れ」として処理します。

しかし、野洲はこれから追われる側。
これまでと微妙に指導の仕方が変わらないと・・。
これ上手く対処できれば小沼先生・小嶺先生レベルでしょうね。

あと・・個人的に今回の試合面白かったのは
個性と個性がぶつかったからだと思いました。
鹿実のサッカーと野洲のサッカー。
それぞれちゃんと個性を出してたから面白かった。
世の指導者は綺麗な言葉でサッカーを誤魔化さずちゃんと個性を持たせて欲しいな・・と。



野洲の山本監督がサッカー経験無しでここまで来た事は興味深いです。何でも元は日体大のレスリング部で交換留学生でドイツ行ってサッカーに魅せられ指導者の道に入ったとか。

この経緯には夢広がりますね。
元Jや元名選手でなければ監督が駄目っていうのではなく、色んな世界から監督が出てきてJや代表の監督まで行ったら面白い。

元アズーリ監督でミランでスペクタクル旋風を巻き起こしたサツキはプロ経験無しで少年チームの監督から出発し結果を出してアズーリまで登りつめました。

こういう風に一番下からでも上がっていけるシステムが指導者にもあるべきだと思うし、それを考えると野洲の山本監督みて「俺も」と思う未経験指導者が増えても面白いと思います。

|

« 鹿実と野洲 | トップページ | さぁ、きた! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/9487106

この記事へのトラックバック一覧です: 野洲:

« 鹿実と野洲 | トップページ | さぁ、きた! »