« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/27

ここまでのVVN

3勝0敗。得点12。失点0。暫定3位。
ここまでのウチの成績。数字的に見てもほぼ理想的と言える成績でしょう。

現在使っているフォーメーションは3-5-2。
中盤の選手の力を前面に出しのが目的。今の所、成功してますね、この試み。

堤は去年ほど見せ場が無い分、プレッシャーのあるシーズンだけど安心して見れるね。

久留・加藤・堀川(石川)の3バックは安定してて今の所、「崩された!」って事はなし。
最後尾からのパス精度にはちょっと不満あるんですが・・。

ボランチは渉が完全に「縁の下の力持ち」になりつつある。
前からその傾向強かったとは言え、今の段階で落ち着いて欲しくないなぁ。
武男さんは好調。去年の今頃は体もイマイチ絞れてなくて、色々と試行錯誤してたけど
今年は大丈夫でしょう。敵は怪我だけでしょうね。

田尻さんも安定。去年よりは結構仕掛けやすいみたい。器用な人だから少し便利屋的に使われそうな所だけど、個で勝負出来るのはサスガ。
栄二は沖縄では良かったんだけど、少し調子落ち気味。読まれてるって言うか・・。
4-4-2でやった平原との左サイドコンビ見たいなぁ。

裕哉は既に仕事果たしてるけど、本領はまだまだ。
今は色んな感覚とかを調整している感じ。色々外野もあるだろうけど・・俺は信じてる。

岩本は技術はこのカテゴリでは抜けてる。その分、それに頼りすぎてる面もあるけど、今はドンドン仕掛けて欲しい。その上で+αがあればOK。
あとフィジカルな、スタイル的に削られやすいから。
税所はもっともっとゴールに貪欲になれ!
味方がシュート打ったら「外れる!」と信じてこぼれ玉に飛び込む準備しとけ。

後は水田・今泉・平原・首藤・近藤までの16人が今のウチの主力組。
残り14人は逆にチャンスと考える位の図太さ持って欲しい。
連戦で疲労し、コンディション調整しか出来ない主力組に対して、徹底して怪我を治し、
新しい武器を身につけるチャンスの時!
控え組で一番上手くなっても、試合には出れない。
控え組で一番上手くなって、アピールして、主力を抜かなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/23

重工戦

とりあえず、期間限定を書く前にザッと・・・
三菱重工との長崎ダービーだった訳ですが、会場の柿泊は諫早よりピッチが遠くて
芝が少しショボくて・・。

試合前に電光掲示板に「三菱重工 10-0 V・ファーレン長崎」!!!!
すぐに消えちゃいましたが、これは良かった!運営の人いいよ。

試合はず~っと懸念されてたドン引き+サイド攻撃徹底の相手に圧倒しながらの苦戦。
後半にも20分過ぎになると重工が動けなくなって岩本や裕哉が前向けて
チャンス量産したものの・・・・・・・な感じでした。

今日の試合は2つの見方が出来ます。
「重工の戦い方にハマっても3点取れた」
「10人の相手に3点しか取れなかった」

・・どっちも正しい解釈です。
大事なのはどちらの解決方法も探す事。
岩本監督は最後、いつもより言葉少なでした。
「ありがとうございました」の言葉も申し訳なさそうで・・
ホロ苦い誕生日になった監督がどう巻き返すか注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

表彰式

Kyu3

横の画像は昨年のKYUの全日程終了後の表彰式。
多分、これ見てた長崎のサポーターは俺含めて3人だけでしょう。左から優勝した熊本、準優勝の琉球、そして3位の長崎。
ウチからは熊本在住組しか参加していません。他のメンバーは既に長崎に帰っていました。

この日から長崎の06シーズンへ向けた戦いは始まった訳で・・今年は一番左にいる長崎を何人のサポーターが見守るのか?

今日の練習にはかなり大勢の人が駆けつけてたらしいです。ちょっと前はどうすれば皆が練習見に来てくれるのか悩んでたんですけど・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大隅戦

個人的に一杯一杯でした。
前の晩から諫早行ったんですけどね、
時々胸がジワーっと・・。胃がググググーっと。
それでもまぁ、何とかなるレベルだったんですが、問題はコールの時で大声出してると
時々、喉の辺りに・・・。
まぁ、個人的にグダグタで申し訳なかったなと思っています。

試合後のテレビのヒーローインタビューが税所でしたね。
去年、税所がヒーローインタビューって無かった気がします。
3点取ったんだから当然だし、MVPになるのも当たり前なんですが、
FWとDFの脚光の浴び方の違いを税所は今、痛感してるんじゃないかなと。
DFは無失点に抑えてもヒーローインタビューに立つ事少ない訳ですよね。
得点を取らなきゃ勝てない訳ですから得点にはそれだけの価値がある訳ですけど、
同時にそれだけ価値のある「相手の得点」を防いだDF陣も忘れないようにしましょう。
久留とかウチに来てくれた事感謝したくなる逸材ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/15

ホーム開幕戦

人は生きねばならぬ。
生きるためには戦わねばならぬ。
名は揚げねばならぬ。
金はもうけねばならぬ。
命がけの勝負はしなければならぬ。
               徳富蘆花

去年の諫早での開幕戦は諫早で夜を明かしました。
夜中に紙吹雪作りを手伝ったのは去年のホーム開幕戦。
警官に職務質問されたり、朝からラジオ体操踊ったのは琉球戦の時。
今年は何があるのか・・。

熱は下がりました、多分。
胃がジワ・・っと痛いのと、胸がムカムカするのが気がかりですが、行かなきゃでしょ。
こちとら半年も寒空の下、毎週2回は必ず練習見てきたんだから!
色んなもの見てきたんだから。

森本晃一郎は仕事の都合で練習には遅れてくる事も多かった。
その分、他のメンバーがダウンしてる間もひたすらシュート打ってた。
その居残りが12得点を生んだ。
国見でFWだった晃一郎は他チームでDFに回されてた。その後引退しVVNで復帰。
強烈なリベンジだった、12得点。
誰が魂受け継ぐ?FWは明日点取らなきゃでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

ある国のお話

ある所にY国がありました。
最近、ハバを聞かせてるU国が来て
国境沿いで小競り合いが起こりました。

圧倒的数と勢いのU国の前に
国境沿いを守っていたY国の兵達は
「被害を出さないように」と退却。

この騒ぎにY国は
「国際ルールではこの国境はY国領だ!」
と言いましたが、U国が「実効支配している」と一点張り。

Y国は仕方ないので
「とりあえず、しばらくの間だけU国という事で・・」と
引き下がりました。
そこはY国の首都の一部だったのにです。

戦ったのは・・誰?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

マジ日記

既にアチラコチラのブログで散々書かれている事ですが・・
やっぱ沖縄はイイ!スンゴイ!

4月1日
朝からULTRA代表の車に同乗させていただき空港へ。
空港に到着すると俺のモンゴと守護神堤の姿が既にあった。
空港では沖縄入りするサポーターが十数名。見送り組がやはり十数名。
素晴らしかった。
見送り組と沖縄入り組は同じ気持ちの持ち主だ。
沖縄に行く事出来ない状態で空港までやってくる彼等・・漢だ。
沖縄ではソーキソバ喰ってレンタカー借りて泳いでビーチサッカーやってビーチバレーやってPK戦やって夜はカンプノウで飲んだ。
この日もジュースジャンケンで負けた。
途中から記憶が途切れ途切れだ。

4月2日
一人部屋のはずなのに起きると男が部屋にいてマジビビリした。
ULTRAの若だった。どうも酔ってる時に泊まっていけと言ったらしい。
某局のアナはやけにサッパリした顔をしていた。
某局のカメラマンはいつ見ても総○屋みたいだ。
頭がガンガン痛いがバファリン飲んだら一気に治った。
日本の医学は素晴らしい。あとは試合をみた。
帰りの那覇空港で坊主頭の少林寺の僧侶みたいな人が「裕哉と写真撮りたい」と言うので撮らせてもらった。飛行機は遅れに遅れて飛んだ。寝て起きたら長崎だった。
飛行機が遅れたというのに10人強の出迎えがいた。泣けた。
空港職員に「勝ちましたか?」と訊かれた。嬉しかった。
岩本昌樹に「今日、良かったぁ!次も頼むよ」と言ったら笑いながら頷いた。
またULTRAの代表氏の車に同乗させてもらい家路についた。
仕事が待っていた。飯も食わず仕事仕上げて寝た・・。

4月3日
ありえない状態で仕事をした。残高照合表を2度も貰いに行く羽目になった。子連れ狼って凄いマイホームパパなんだと関心した。
沖縄帰ると同時に甲子園に行かなければならない人がいて心底気の毒に思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »