« 県選手権準決勝雑感 | トップページ | 長崎絶対中心主義 »

2006/09/18

理由

バンディオンセ神戸は右サイドとボランチが最大の売り。
なのにウチは平原欠場。栄二が普段なら理解出来ない位置まで下がってた。
武男さんのカバーに走る人間がいなかった。
啓祐は無理して出す状態じゃなかった。
DFラインの押し上げがなくスカスカの中盤になった。
2失点目は近藤のポジショニングのミスだと思う。
前線でボールの納まる所がなかった。
走り負けた。
競り負けた。
ボール支配率は上だったが、バイタルエリアから先で
単調なパターンしか見せなかった。

これ・・・全部、結果見れば誰でも言える事。

勝因や敗因は結局、後付けの理由。
ホームで負けた。2連敗中。
2試合共に1-2での敗戦。それだけが結果。
倒れても転んでも何かを掴んで立ち上がる!

決定力不足だとか補強がどうたらとかじゃなく
どうすれば自分がチームを勝たせる力になるのか!
それを考え実行する。

そんだけの話。

|

« 県選手権準決勝雑感 | トップページ | 長崎絶対中心主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/11949762

この記事へのトラックバック一覧です: 理由:

« 県選手権準決勝雑感 | トップページ | 長崎絶対中心主義 »