« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/31

笑顔

徐々に受けるショックってあるよ。

特に試合が無い時期は挽回し辛くて色々考えるよね。

某所のサポーターもこんな感じだろうな

Shock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/27

戦え!

今を戦えない者に
次とか来年とかを言う資格はない。
           ~R・バッジョ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

タイミング

物事にはタイミングというのがある。
中には「絶対に今じゃなければならない」ってタイミングもある。
特に大きな分かれ道になる勝負事の時には

何が何でも勝たなきゃいけない。

綺麗事や理想論だけでは片付かない。
どんな最悪の試合でも勝てば勝点3が貰える。
そして、内容はその先修正出来るが、失った勝点3は絶対に変わらない。
理想だとか理念だとか夢だとかも同じ。
それだけを見て現実を見ない事は現実から目を逸らす事。

そして、今は何が何でも勝たなきゃいけない時。
このタイミングを逃してしまって消えたチームがある。
逆に物にして残ったチームがある。

地域密着。地道な活動。身の丈にあった・・
でもね、勝たなきゃならん時には一寸の余力も残してはならないと思う。
ウチだけじゃなく、岐阜も神戸もmi-oも大分も、それぞれ
逃したくないタイミングなんだと思う。

だから、他所から何と言われたって全力で容赦なく勝ちに行く。
合法的で実地可能なあらゆる方法で勝ちに行く。
企業チームには企業チームの苦しみがあるように
クラブチームにもビジネス的な面もひっくるめて苦しさがある。
だから、タイミングを逃す気はないよ。

目の前の現実に全力を尽くしながら目の前の現実だけじゃなく、
その先の理想や夢をハッキリ見据えてる。
ウチはそれが出来てる自信が俺にはある。

追伸
パンダさんがウチのブログを見ているようだ。
体調を崩しているようで心配だ。
でも、パンダだって言い張ってる割に、一番下に
posted by○○○○って名前が入ってるのはどうかと思うな♪

大分で会えるかな?
上がってこれたら大分で長崎県産の良質な笹をあげます。
無茶しない程度に頑張って見事倒されてね♪

追追伸
池元君、新天地では監督を突き飛ばしちゃ駄目だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

150万人弱の優しい長崎人

調子のったのが浅はかに真似する前に書いておく。
こんなの書く必要もないし、書きたくもないんだけどね。

「愛情も知識も敬意も・・興味すらない人間が相手を自らより貶める事のみを目的としたものを悪口(罵詈・雑言)と言うと思います。これに対して「煽り」は相手を貶めるのではなく「盛り上げる」為のものです。そしてそれにはサッカーという競技そのものに対する愛情と敬意、そして煽る相手に対する知識が必要とされます。」

これはね、去年ロッソとやりあった頃に書いてたコーナーの一節。

俺はね、1年前からずっと調べてきたよ、追っかけてきたよ、相手の事。
地域決勝想定して去年の10月から。地域決勝だって何度も見てきたし。

そう言えば・・パンダさんが謝っていたらしいね。

Iindayo

パンダってストレスに弱い生き物らしいし。
長崎人は心広いから、
「迷惑受けた!ペナルティだ!勝点剥奪だ!」
なんて了見の狭い事は申しません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/19

多いんだぁ、このチームのサポーター

メール来たりしてます。
プチ祭りとも聞いています。

Pandayonda

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/16

岐阜の片桐君

明日は出るかな?

問題
私はだあれ?

Katagiri_1

正解者(先着2名様)には

諫早の練習場の土プレゼント。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/13

現金玉

お金って大事だよね。

Ura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

連想ゲーム

岐阜?

あぁ・・裏金の県ね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/09

神戸さん

僕達、地域リーグチームの憧れ!
神戸の象徴、バンディオンセさんが横浜FCの明らかな控え組に快勝!

昨年、地域リーグ決勝大会で全敗で4分の3の昇格枠にも入れなかったバンディオンセさん。元Jリーガーを抱えるロッソ熊本との試合前には
「彼らがなぜここにいるのか?俺も失敗したし、勘違いした」と愚痴なのか反省なのかよく判らない檄を飛ばした監督の橋本氏。
今年はその「失敗し、勘違いした」と評した元Jリーガーを多数獲得しふるう采配も頼もしい。

敗退後は「我々は強化しながら育成もしなければならない」と目先の勝利に拘らぬコメントを見せてくれました。現在の主力、和多田、森岡、森なんかは誰が育てたのなんて野暮は言いっこなし!

そんな俺達の尊敬するバンディオンセさん!
公式サイトが読みにくくても無問題!
チームが山賊を意味するから「誇り高き山賊達」なんて書いたりして他所の貧弱なサポーターから「賊の意味判ってんのかよ?」なんて言われても気にしない!!

頑張れ、僕等のバンディオンセ!
君らの明日はノーフューチャーだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »