« 行けない大分戦 | トップページ | 長崎の夢 »

2007/05/28

GKの話

GKというのはサッカーという競技にあって恐ろしく特殊なポジションだ。
個人的にサッカーの場合、前の方ほどインスピレイションやセンスが重要で後ろの方ほど理屈や理論が重要だと思ってる。
ひらたく言えばFWはギャンブルなポジションだし、失敗を恐れてはいけない。
逆にDFは堅実さが核のポジションで失敗を何より恐れなければいけない。
中盤はそのバランスが求められる。

んで・・GK。
あらゆるポジションでもっとも経験や精神面の充実が求められる。
そして大なり小なりゴールする事を最大の魅力とする競技で、それを食い止める事を仕事としている。だからこそ専属コーチが必要。

その「ゴールを守る」GKに対して現在の風潮は中々風当たりが強い。
何しろ、バックパスを手で扱う事を禁止したり、よく曲がるボールを採用したり・・「点を取らせよう」というルール改正ばかり。
その一方で戦術はいかに点をやらないかを追求してる。
フィールド戦術の皺寄せがGKに来てると言えないでもない。

ところが、ちょっと逆に考えるとGKにとって凄く革命的な時期なのかもと思う。
高度に守備的に組織された今のサッカーではプレスを一番受けにくいポジションがGK。
ゴールキックって考えようによっては長距離FKな訳で・・。

大昔のサッカーはFWが攻撃を全て担当していた。
それがマークが厳しくなり、2列目・・攻撃型と言われたMFに攻撃の起点は移った。
その起点を押さえる為にプレスが厳しくなり、今ではアンカーと呼ばれるポジション・・要はボランチが起点となる事が多い。
無論、攻撃の起点は3バック全盛時にはトップ下に移行した時期もあるけど・・プレスの弱い所、弱い所に移行するのが自然。

そういう流れを考えると、これからGKってのは実はさらに重要度が増すかもしれない。
ビルドアップの起点、ゴールエリアを飛び出してDFとしての役割、正確なロングキックは大きな武器になるだろうし、益々色んな能力を求められる時代になると思う。
昔から良いチームには例外なく優れたGKがいる。
それほど重要なポジションがさらに重要になるんじゃなかろうか?
・・GKに対する扱いを見ればチームの方針が見えると思うし。

フィールドプレーヤーと共に練習する事の多いウチの指導は実は案外アリなのかもな。
でも、それ以外の時にはGKコーチつけてやって欲しいなぁ。

今年からGKコーチ養成講習会に行ってるもっしゃん、
ウチのGKコーチ・・期待してもよかですか?^^

|

« 行けない大分戦 | トップページ | 長崎の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/15237682

この記事へのトラックバック一覧です: GKの話:

« 行けない大分戦 | トップページ | 長崎の夢 »