« 国体の練習と自販機 | トップページ | 湘南戦への思い »

2007/09/21

裕哉のトラップ

佐野裕哉のトラップの美しさは異常なレベルだ。
どんなに難しいボールでも足元でピタリと止めてコントロールする。
まるで足が別素材で出来てるかのように柔らかく・・
裕哉の足に当たる寸前にボールが自分から寄って行くようだ。

多分、裕哉を裕哉たらしてめているのはこのトラップの技術なんだろうな。
どんなボールも足元で止めてしまう。
ロック戦で恥ずかしながら、あまりのトラップの華麗さに試合展開を忘れそうになった事もある。

あれがセンスとか才能とかって奴なんだろうなと思う。
本当に凄いのはその物凄いトラップが、まるで簡単に見えてきてしまう事だ。
ずっと見ているウチに「俺にも出来るんじゃ?」なんて思わせてしまう。

俺の中のプロの定義は、

・結果と内容を両方求めるのがプロ。
そして・・
・難しい事を簡単そうに思わせてしまうのがプロ。

なんだけど・・そういった意味で裕哉は生まれついてのプロ型なんだろうな。
ついでに言うと、この簡単に思わせる事で観る者を感嘆させるのが・・ファンタジスタって思ってる。

|

« 国体の練習と自販機 | トップページ | 湘南戦への思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/15992836

この記事へのトラックバック一覧です: 裕哉のトラップ:

« 国体の練習と自販機 | トップページ | 湘南戦への思い »