« サッカーの敵 | トップページ | 準決勝の様子 »

2007/11/11

TM日大戦

今日は昼ちょい前から百花台でウチと日大のTM。
計4本で行い、ウチも3-5-2やら4-4-2やら使いながら、出られる選手を総起用して久々の試合形式を行ってました。日大は選手権長崎代表候補の最右翼。
試合は日大に1点返されたものの5~6点は取ったんじゃないかと。

まぁ、選手を結構色々使ったのもあったけどコンディションがバラバラ。
お陰で力の差ほど圧倒的にはやれず、特に1本目2本目はそれが顕著だったなっと。
3本、4本と時間が進むにつれてフィジカル差が出てきたけど。
特に日大は18番の中盤の要、福田君が動けないとややチーム全体に手詰まり感が出てきた感じでした。1本目に関してはシュートの積極性は明らかに日大でした^^

個人的に感じたのは、武男さんが何故やれているかを若い選手は見て欲しいな。
武男さんは運動量もスピードもそりゃ、若い時に比べて落ちた。
プレーエリアは決して広くない。でもね、変に持ち直さない。
他の選手があと1回ボールタッチしたがる場面で、武男さんは触らない。
結果、ボールを受けてから出すまでの速さがちゃんと出せて安定してる。
サッカーって今は「触ってから」じゃなくて「触るまで」。
武男さんはシンプルだからやれている。

裕哉が圧倒的だ。
技術、視野、アイデア・・日大の子は「モノが違う」って判ったんじゃないかな?
でも、裕哉が完全に「使う人専門」になってる。裕哉は使われてもあわせられる。
清商では大吾と使い、使われてたよね。裕哉を使うように意識してほしい。
でも、きっとこれから見れるんだろうな。楽しみだ。

アリも上手い。上手いから下がる時がある。
確かに助かる場面も多い。でも、アリに求めてるのは前にひたすら仕掛ける姿勢。
洋はポストは厳しい。ある程度はやれても本領はポストで落ちたボールに合わせる方。
啓祐はもっと粘ろう。啓祐が凄い良い時ってゴール前でも粘りまくった時やし。
一度、竹をFWで見たい。鳥栖に行ったばっかのころチーム内得点王取ったよね?

各自、オフの今のウチに話し合ったり、考えたり、怪我治したりしてほしいな。
大久保はイタリア人に似すぎ!ヒゲの感じとかが宣教師っぽいぞ!
あと、洋見て「あっ!今日はブルー休みか?」って思い出した。

まぁ、こんな感じの日曜昼でした。

|

« サッカーの敵 | トップページ | 準決勝の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/17042155

この記事へのトラックバック一覧です: TM日大戦:

« サッカーの敵 | トップページ | 準決勝の様子 »