« サイボーグ化手術 その1 | トップページ | 陽だまりの百花台 »

2008/02/25

サイボーグ化手術 その2

朝から仕事をしていると・・携帯が鳴る。
「メーカーからコンタクトレンズが届きました。」

サイボーグ化手術 その1 の続きが今日幕を開けた。

009

サイボーグ(cyborg)
サイバネティック・オーガニズム (Cybernetic Organism) の略。
身体機能を人工物に代替させる事で身体機能の補助・強化を行った人間。改造人間。
用法の例:
仮面ライダーV3風見志郎は改造人間である。
謎の秘密組織デストロンによって瀕死の重傷を負わされたが、
仮面ライダー1号・2号によって改造手術を受け、仮面ライダーV3として蘇ったのだった!

「昼休みに眼科へ行くか」と考えたものの、給料日である25日。
銀行の混み具合が昼休みの時間をゆっくりとらせてくれない。
おまけにこの日の午前中に来るはずだった業者が現れない。
止む無く仕事を続けていたら17:00に彼は到着。それが済んでから眼科へ向う。

渡されたのはペランペランのソフトコンタクトレンズ。
(寒天じゃんか・・)
鏡を前に目を目一杯広げて装着開始。
見える!迫ってくる!・・「鏡に映ってる方を意識して!」看護士の檄が飛ぶ!
(出来ません!目の前やもん。見えてるし!)
「アゴを突き出して!」看護士の厳しいコーチングにあわせてアゴを突き出す。
「首を前にやっただけになってます!鏡に集中して!」
折れそうな心・・胸の中で呟く。
(俺・・頑張ってるよ、長崎。)
右目装着完了。大きくフーーーーーーーーーーーーーーーッとため息をつく。

「次は左目ですね。」
(もう片目で良いです。)との思いも空しく左目でも悪戦苦闘。
左目装着完了。大きくハーーーーーーーーーーーーーーーッっとため息をつく。

「では外してみましょう」
(俺の目から流れる涙はコンタクトのせいですか・・)
「目を上に向けて、白めにして。指でつまむ!」
(無理って目つきやん!失明するって!指が迫ってくるって!)
「鏡に集中して!」
(がーーーーーーーーー、もう目を潰すつもりで!!!)
頭の中でglobeのFACEが流れてくる・・
鏡に映ったあなたと2人♪情けないようで逞しくもある♪

外し終わり、やっと(終った)と思ったのも束の間・・
「じゃぁ、もう1回装着して、視力検査しましょうか。」

Kenoh

検査をしながら、レンズの調子とか聞かれるが俺の返事の基本は「はぁ、」「いいです」「結構です」「今日、あんまり時間無いんで」だった。

とりあえず、今日は5~6時間つけておいて2時間ずつ使用時間を延ばすよう言われる。
ドモホルンリンクルみたいにお試し用に2種類のレンズを3日分づつ貰う。
使ってみて気に入った方を選んでくれという事らしい。
外に出ると日はとっぷり暮れていた。
「寒いな・・」
そう呟いて眼鏡をかける。世界が煙る。「あぁ・・コンタクトしてたんだった」。

ついにサイボーグ化を達成した俺。
折れそうな心と強化された視力。見つめる明日はどっちだ!!

|

« サイボーグ化手術 その1 | トップページ | 陽だまりの百花台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/40262030

この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグ化手術 その2:

« サイボーグ化手術 その1 | トップページ | 陽だまりの百花台 »