« 本城・石垣経由JFL入り | トップページ | 思ってみた »

2008/03/09

午前は遊学、午後は百花台

まずは遊学でのTM。
V・VAREN長崎vs広島修道大。

Yugaku

デジカメを車に忘れて取りに行くのが面倒だったもんで画像荒くてごめん。

まず相手の広島修道大は決して広島最強とかそういう類ではない。
でも、さすがに学生。コンディションは良い感じ。

一方の長崎は昨日のアビスパ戦に出てないメンバーを中心に組んだ面子。
恐らく、東川さんの頭の中には「集中開催」とか念頭にあったんじゃないかと。

正直、出来、コンディション共に不良。明らかに集中を欠いた選手もいたし、周囲との連携が合わない選手もいた。アビスパ戦直前の練習の時よりに数段落ちた状態。
色んな物含めて、ココ最近で1番厳しい出来だったと思う。声も全然無かった。
まぁ、連戦の選手もいたし、何より雨だとか寒さだとか状態も良くなかった。
何と言うか・・選手の個性を生かそうとして結果的に持ち味とか長所が消えた選手がいるのが気がかりだ。でも、伝とか安定してきた感じする。

遊学が終ってからは百花台に県選手権社会人予選決勝を観に行った。

準決勝は 
○エスタジ佐世保 2-1 長崎市役所●、○三菱電機長崎 2-1 ドランカーズ●
だったそうだ。

決勝は本命「三菱電機長崎」とアウトサイダー「エスタジ佐世保」。
Hyakkadai1

開始時点はこんな感じでやや霧だったものの・・
時間経過と共に霧が濃くなり・・
Hyakkadai2

序盤は結構互角にやりあう展開。
個では電機が上。しかしエスタジもよく動きコーチングもしっかりして時折鋭くゴールへ迫る。勝負の分かれ目となるのは後半30分過ぎた頃。先制されたエスタジが同点に追いつくも、電機が即効の追加点。ここまで個に頼って運動量でやや出遅れていた電機の中盤が徐々に動き出して一気にペースを掴む。取られ方、時間帯共にエスタジにとってショックの大きい失点。さらに突き放しにかかる電機の前に建て直しきれぬまま失点。

後半に入っても展開変わらず。
電機は3バックがラインを高く押し上げて中盤をコンパクトに。3-5-2の電機と4-4-2のエスタジ。中盤の枚数でも後手に回り、サイドバックの追い越す動きも少ないエスタジは防戦に。電機はその後3点を奪い計6-1で試合終了。

エスタジにすれば2点目の失点が大きすぎたかなっと。ここを凌いでいればもっと接戦に持ち込んで電機の焦りを誘えたんだけどなぁ。
逆に電機は攻撃は2トップと1.5列目の紘平を核にしながらサイドも使ってた。
ただ、中盤の動きが落ちたり足が止まると途端に大人しいチームになるのが勿体無いな。

っという訳で電機が県選手権社会人予選を制し、県選手権出場の椅子をまずはゲット。

Hyakkadai3
13がクラウディオ・パウル・カニーヒアみたいになってる井石。
22がワイルドな紘平。
前からの姿は県選手権で直接どうぞ。

|

« 本城・石垣経由JFL入り | トップページ | 思ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/40444242

この記事へのトラックバック一覧です: 午前は遊学、午後は百花台:

« 本城・石垣経由JFL入り | トップページ | 思ってみた »