« 午前は遊学、午後は百花台 | トップページ | V・VAREN長崎3周年 »

2008/03/10

思ってみた

今日は、先日ウッカリして行きそびれていた長崎市役所やら会社の書類届けやらに追われ、フト立ち寄った病院で採血。フラフラ。

そんな頭で2,3日前にアリがブログで「みんなはどう思う?」と書いてたので俺は「こう思う」と書いてみようと。ただ、俺はアビスパ戦見てないので、他の試合やら昨日の修道大戦やら普段の練習やらで書いてみよう。

アリの言葉を借りると東川さんはポゼッションサッカーを目指しているそうだ。
事実、昨日の修道大戦でも「ポゼッション、ポゼッション」との声が頻繁に東川さんから飛んでいた。ポゼッションサッカーってのは乱暴に言えば、「相手にボール渡さず常に複数のパスコースを確保してパスを回し、スペースを突いていこう」って事です。その複数のパスコースを作る為に選手にはフリーランニングが求められます。

事実、試合でも何度か早いパスがスパーンと何度か繋がって「おーセクシー系」という場面も見た人もいるでしょう。あれが目指す所です。しかし、あれが出るのは局面、局面程度で全体に広がってはおりません。東川さんの目ざすサッカーは選手みんな判っているようですが、そこに至るアプローチが不足しているのではないかと。

ハッキリ思うのは攻守の起点が判らない。
今のチームはポゼッションを意識すると繋ぐ事、動く事に意識が行く余り、ゴールから逆算した攻撃の意識が希薄になります。

例えば・・昨年のチームはポゼッションを志向するレベルでは今年に劣りますが、今年の今の時点のチームよりポゼッションが出来ていました。理由は佐野裕哉というボールを持て、尚且つゴールから逆算した攻撃のパスを常に出せる選手がいたからです。悪い言い方ですが、周囲が細かく動きパスを繋ぎまくっても佐野裕哉にボールが渡れば、ラストパスが勝手に出た訳です。ボールを持てる選手がいれば自然とチームは前を向けます。いわゆるタメが作れるって事ですね。それはリズムを変えれるって事です。

今のチームにはこのタメを作る、リズムを変える点か欠けています。
恭平は個人的見解で言わせてもらえればドリブルや鋭角な切れ込みを武器にするタイプですし。その辺でパスが出せる、キープ出来るのは元気だと思いますが、修道大戦までCBでしたし。武男さんも出来るでしょうが、パスはミドルレンジに隔たり勝ちです。しかもワイドに開く事を意識する余り攻撃の際は選手の距離が離れすぎていたりする事も多いです。

タメを作るタイプがあれなら・・こういう場合はチーム全体で約束事を作るのが良いのではないかと。
・ゴールまでの攻撃の形をおおよそ示しベースに据える。この共通イメージがハッキリ出来ないような気がします。
・フリーランニングが多い訳ですから、誰かが動いた後のスペースは誰が埋めるのか守備の約束事を作る。

「行き詰ったらワイドに展開」という指示があるようですが、上の2つくらいはあっていいかなと。まぁ、言われるまでもなく、実際に既にそういう約束事はあっていて今選手も体で覚えている最中なのかもですが。

昨年の夏に当時横浜FCの高木琢也さんと話した際に「J1とJ2の差って何ですか?」と質問したら「選手の差」と即答されました。「J1とJ2の選手では出来る事の幅が違う」と。
J1の選手は複数の状況を同時に処理したり、色んな事を一片に高いレベルでやれるんだそうです。それに対してJ2の選手は得意、不得意がハッキリしていたり、複数の状況に同時に対応できなかったり・・。それを埋める効率的な方法は「約束事」。
ベースを作って、それをしっかり練習。結局は練習が基本ですね。

しかし、東川さんを見る度に感心する事があります。
チームは選手が中々揃わなかった中でこれだけ悪戦苦闘しながら外部に愚痴をこぼさない事、そして、大袈裟でなく文字通り1日中サッカー漬け、練習漬けの日を送りながらやり続けてる部分・・は感心します。食事の時間やら車で移動してる時間を抜くと寝る前の1時間くらいしか自由な時間ってないんじゃなかろうか??

|

« 午前は遊学、午後は百花台 | トップページ | V・VAREN長崎3周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/40453844

この記事へのトラックバック一覧です: 思ってみた:

« 午前は遊学、午後は百花台 | トップページ | V・VAREN長崎3周年 »