« 世界の書評から~立志編~ | トップページ | クラブチームの分類と次に来るチーム »

2008/12/26

問われるは「名誉」

名誉と言うのは、姿、振る舞い、あり方、生き方を自他共に認められ、それを自らの尊厳、誇りと見なす事だと言う。

何かを行う、為す時にはこの名誉がなければならない。
決断、行動・・全てを他者に何と言われても外的要因などを理由に「仕方ない」ではなく、胸を張って「俺はこう考えて決断した!」と胸を張れるか否か?

そこに本気で胸を張って、名誉を賭けての決断はあったのか?

1年前にフロントを話し合いを持った。その際に「一貫せず、継続性の見えない強化」に対して苦言を呈した。「その場しのぎの目の前ではなく、1年先、2年先まで考えるべき」と訴えた。

その際の回答は「これからは強化部長が就任したので・・」だった。
俺が「今年の監督選任や、ここまでの選手獲得の大半は強化部長は関わってないですよね?」と言うと「でも、これからは、そういう強化は強化部長が・・」という回答だった。

その回答に名誉は賭けられていたのか・・
今やっている事に名誉はあるのか・・名誉を賭けられるのか?

♪A Question of Honour ~by Sarah Brightman~

遠く行かねばならない。
鐘の音が誘う。
白い雪の向う・・その先へと。
そこから一人で進まねばならない。


2人の男が対峙し、2人の男が戦う時、
2人の男がぶつかる時、
問われるのは「名誉」

*×2

勝利しても、敗北しても
問われるのは「名誉」
そして決断を迫られる時、
問われるのは「名誉」

黒、白、昼、夜・・
何が間違ってて、何が正しいのか、
私には判らない。

でも、私は知っている。
2人の男が戦う時、
問われるのは「名誉」

勝利しても、敗北しても
問われるのは「名誉」

そして決断を迫られる時、
問われるのは「名誉」

勝利しても、敗北しても
問われるのは「名誉」

そして決断を迫られる時、
問われるのは「名誉」

黒、白、昼、夜・・
何が間違ってて、何が正しいのか、
私には判らない。

でも、私は知っている。
2人の男が戦う時、
問われるのは「名誉」

遠く行かねばならない。
鐘の音が誘う。
白い雪の向う・・その先へと。
そこから一人で進まねばならない。

|

« 世界の書評から~立志編~ | トップページ | クラブチームの分類と次に来るチーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/43539298

この記事へのトラックバック一覧です: 問われるは「名誉」:

« 世界の書評から~立志編~ | トップページ | クラブチームの分類と次に来るチーム »