« 違和感 | トップページ | 3バックのサイドの攻防 »

2009/07/05

土曜の試合と日曜の倉庫

まずは土曜の流通経済大戦。
ギリギリまで何とかならないかと頑張ってみたが、仕事の為に観戦不可。
プロビンチア配布とかの為に昼休みを利用して柿泊りへ行く。

現地は予想以上の暑さと湿度だった。
少しメインに行く事があったのだが、メインはやや風もあって随分とマシだったが、バックスタンドは無風で湿度が高くメインの数倍ひどい環境。ピッチも推して知るべし。

13時のキックオフと同時に会社に帰る為に柿泊りを出る。

01

以後は試合後に仲間から映像や画像を見せてもらって、説明してもらって感じた事。
相手の流通経済大は総理大臣杯の為に一旦ピークを持ってくるシーズン。簡単に行かない事は誰にも判っていたと思う。

V・VAREN長崎のスタメンと戦術は現段階では2つの致命的な弱点を抱えている。
本来なら、その対策もなされるのが普通だが、今の長崎に戦術の幅を求めるのは酷な話だ。流経大はそれを知っていて作戦として突いてきたのか、それともたまたまハマッったのか知らないが上手くそれを突いてきたようだ。

SAGAWA戦の時もその時の弱点は突かれたのだが、佐川がその弱点をストレートに突いてきたのに対して、流経はその弱点をやや変則的にやってきたように思う。もう2~3試合は気づかれないと思ったが・・。

夜は誠の店であーだ、こーだ話しながら飲む。
やはり相当に厳しい試合だったので少しショックな感じもあったようだが・・
こういう敗戦の時にサポーターって奴の本領は試さされる。

敗戦に目をそらさず、正面から受け止め、同時にそれをちゃんと自分の中で処理し、
現状を的確に捉え、怒りにまかせず、甘やかさず・・何より応援してやっているとか、応援しているんだからとかではない、選手を格下にも格上に置かず、正面切っての対等な存在としていられるか・・そして、問題の本質を理解しているか??

個人的には用意したプロビンチアが1枚残らず完配となった事が嬉しかった。

んで、今日はULTRAの倉庫の引越し。
02

朝1から皆で荷物を運び出す。

旧倉庫から新倉庫へ移動する際に、バイパス代100円をケチって下道で行く。
後ろを走っているササキカーがピタリと横付けし

「久々にやりますか?」
挑戦だ。かつて「峠の貴公子」と呼ばれたササキさんが低速バトルを申し込んできた。
低速なので制限速度は超えない。エンジンと燃費に優しい法定速度だ。
我々は長崎の曲がりくねった道をグルグル回り・・最後はバイパスに乗って勝負した。
「やりますね。」っと俺が言うとササキさんは「今のが本気だとでも?俺はまだ実力の30パーセントしか出してませんよ。」と不敵に笑う。

・・まぁ、日本語に翻訳して一言で言うと「ちょっと迷った」と言う事だ。

03

NEW倉庫設置作業。
色んなスペシャリストを多数揃えるULTRAはあらゆる作業を自前でこなす。

04

  使いやすさを第1に。収納上手はやりくり上手。

05

長崎市の繁華街から車で僅か15分。倉庫のすぐ横は美しい清水の流れる大自然。
妖精の歌声に誘われたULTRAが一人、また一人と山の中に消えていく。

さぁ、水島戦の準備は出来た。次は俺も行ける。

06

|

« 違和感 | トップページ | 3バックのサイドの攻防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/45545177

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の試合と日曜の倉庫:

« 違和感 | トップページ | 3バックのサイドの攻防 »