« 日本ではスポーツで金は稼ぎにくい?その③ | トップページ | 漢たちよ、長崎を喰らえ! »

2010/01/31

2010新人戦 国見vs波佐見

今日は朝から高校の新人戦決勝「国見vs波佐見」を見に行く。

00
波佐見はここ数年の強化が報われた感じ。

001

国見は例年通り、新人戦の応援は物凄く少ない。

国見、波佐見共にキックオフは4-2-2-2のオーソドックスな布陣で試合開始。
立ち上がりから経験値と個人技で上回る国見が結構攻め込む。プレスも中々頑張ってる。しかし、国見は攻撃で中央を狙うのが早すぎて今一つ。
逆に押されながらも波佐見はサイド攻撃を丁寧に展開。サイドで優位に立つ波佐見もジワジワと反撃していく。

002_2

この時間帯に波佐見が先制していれば展開は変わったかも??

しかし、先制は国見。一種交通事故と言っても良い様な素晴らしいミドルが決まり先制。これで固さが取れたのか、国見はサイド攻撃が機能し出す。先制点を挙げた右サイドの井上君がよく起点になっていた。

更に波佐見のGK、増田君のミスキックから国見に2点目を謙譲。正直、これで勝負あったと思ったが、波佐見が右サイドを突破し同点。狙った形の得点で波佐見に勢い生まれた所で前半終了。

後半、国見は攻撃時は3バックに近い4バックを採用し前線は3トップに。
この布陣変更が当たる。国見のサイドが高い位置を取る事で波佐見の両サイドをジリジリ押し下げさせる。波佐見の両サイドが無理に上がっても前線で孤立気味。サイド攻撃という翼をもがれた波佐見はペースを握れない。

003

しかも3バックは往年のフラット3を彷彿とさせる並びをしながらマンマークで波佐見のカウンターを封じる。

国見がペースを握る中、深い位置からのロングボールに抜け出した東矢が1対1を難なく決めて3-1。しかし、この後、国見の運動量が低下。波佐見がセットプレイから1点差に迫った事もあり徐々に波佐見の追い上げムードへ。

004_2

しかし、ロスタイムの決定機も決まらず3-2で試合終了。

国見は経験値という点で1歩抜きん出ていたと思う。
波佐見は鎮西、日大といった強豪を破ったのは勢いではなく地力だと感じた。
前日の準決勝も少し見たが、総じて上位校の間に現時点で大きな差はない。上手い子はいるが抜きん出ている子もいない。

個人的に今年の層的には日大が1番、次が国見だと思っている。来年の話をするなら恐らく海星が抜きん出ているけどね。日大は準決勝で右SBの使い方が特殊な変わったシステムを使っていたし、どの学校もまだまだ試行錯誤だろう。

まだまだ先があるだけに今年の高校サッカーも楽しみだ。
とりあげずは国見、波佐見両校には九州大会での活躍を祈りたい。

|

« 日本ではスポーツで金は稼ぎにくい?その③ | トップページ | 漢たちよ、長崎を喰らえ! »

コメント

国見は右サイドの東矢君がエース格ですね。
MFの島君、柴田君、大町君も良いです。
新2年では福嶋君、横田君、高橋くんらは昨年の国体少年の部代表ですね。あとずっと怪我ですが武内君。彼の復帰を心待ちにしています。

日大はMFの山道君は県屈指の逸材ですね。
FWの宮本君も1年から活躍してます。
中学時代から有名なDFの橋口君・・この辺りはトップレベルでしょう。新2年にも久保田君ら攻撃陣に楽しみな逸材が多いですね。

投稿: ひろ@管理人 | 2010/02/02 19時16分

今年の国見と日大の主力はどの選手ですか?
またKLMさんの注目とか教えてください。

投稿: 長崎 | 2010/02/02 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/47443789

この記事へのトラックバック一覧です: 2010新人戦 国見vs波佐見:

« 日本ではスポーツで金は稼ぎにくい?その③ | トップページ | 漢たちよ、長崎を喰らえ! »