« 2009年版 V・ファーレン長崎度チェック | トップページ | 【vi:】の打ち上げ »

2010/01/07

大河×国体

昇格だとかJリーグだとか話題性とかの意味ではなく、

V・ファーレン長崎というクラブチーム、長崎のサッカー・・そんな物について言えば

10年・・いや50年に一度のチャンスの年だと思っている。

今、正直色んなものが苦しい。ピンチだ。
だが、ラッキーな事に周囲の状況は物凄い勢いでチャンスへ向かっている。

2014年には国体がある。
国体は問題点も多いし、必ずしも良い点ばかりではない。
だが、どんな地方都市も50年に一度、問答無用でスポーツに力を注ぐイベントで、
予算・規模・話題性・・あらゆるものがスポーツに流れ込んでくる。

例えば・・数年前に柿泊まりの競技場に少年サッカー用ゴールを2個置いて欲しいと要望が出された。たった2個だ。だが、市の回答は「予算の問題があるので状況を見て検討していきたい」と事実上のNOだった。それが国体になると億の金が捻出される。2006年に長崎に勝ってJFLに昇格したTDKは国体に備えて億単位の金が強化に費やされていた。

国体自体は2014年だが・・国体少年の部の時に主力の世代は今の小6の子だ。
つまりこれから4年みっちり強化される。国体はある意味でもう始まっているのだ。

今年は大河で龍馬伝が放映される。主演は長崎出身で、もう一人の主役は三菱の創始者。そして舞台の3割は長崎。大河の経済効果だとか今更言うまでもないだろう。

国体も大河もある意味で公共事業だ。
自分達の力以外に頼るのは嫌いだが、周りにある全てを自分達の力に代えるのは必要だと思う。

他にも様々なものが待っている。
大河×国体・・これだけでもかなりの力になる。

これを貪欲に吸収して長崎は大きくなっていかないといけない。

|

« 2009年版 V・ファーレン長崎度チェック | トップページ | 【vi:】の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/47229392

この記事へのトラックバック一覧です: 大河×国体:

« 2009年版 V・ファーレン長崎度チェック | トップページ | 【vi:】の打ち上げ »