« かきどまり改修署名に対する御礼 | トップページ | V・Festaとランタン最終日と結束 »

2010/02/26

地域密着って、ファンサービスって・・

俺が考えるクラブチームと支援の本来の関係は・・

クラブチームが感動や夢、興奮・・具体的には好ゲームやファンサービスや地域への貢献を行い、それに賛同する人たちが応援したり支援をしたりする。

っと言うのが理想だったりする。

勿論、それは理想論で市場経済社会で生きる中では、そんな美しい関係が成り立たなかったりするので、広報やPRやのイメージ戦力が必要だったりする。

とにかく資金がなければ選手に食い物一つ与えられないので、支援を得る為に、実際は色んなサービスと言うか、本来の理想とは違った事もしなきゃいけなかったりする。

そういう清濁を併せ呑まなきゃやっていけないのも理解している。でもね、例え濁った水を飲む時も、理想や基本は忘れてはいけないと・・綺麗事と理解しつつ思うのさ。

どこのクラブもチームの目的を地域への貢献とか、サッカー文化の創造だとか謳うのだけれども、市場経済社会の中では、気付けば潰さないこと、クラブを安定させる事に追われて・・気付いたら支援を得る為の地域密着活動やファンサービスになってしまったりする。

支援を得るのが目的なのだから・・無駄なファンサービスや活動は減る。支援に直結しないサービスは減る。支援が目的の活動は、局地的な効果しかもたらさない。ターゲットが支援者とその周辺に限定されるからだ。不特定多数と言う名の、最も限定されにくい層は効果が目に見え難いために・・重視されない。

この流れが一度出来ると・・全ては”支援”が絡んでくる。
支援を得る為の情報発信、
支援を得る為の地域事業への参加、
支援を得る為の発言、
支援を得る為のイベント・・・。

ファンが知りたい事より、自分らが発表したい事を告知する。
地域への思い入れより、話題性。
素直な思いの言葉より、型で切り取ったようなコメント。

そこに本当のファンサービスや地域密着はあるか?

|

« かきどまり改修署名に対する御礼 | トップページ | V・Festaとランタン最終日と結束 »

コメント

もの凄く幅の広い質問ですね^^
腐るほどあります。^^

とりあえず、判りやすくサッカー限定で単純にチーム名を挙げるならスペインのFCバルセロナの存在の仕方は一つの理想系でしょうし、人口が70万足らずの街で毎試合7万人を集めるドイツのドルトムントや、フランスのリヨンのようにクラブハウス内にメディア用の部屋を作りメディア含めてファミリー的雰囲気を作り出すクラブ、「プロジェクト55」と呼ばれる一貫したチーム作りを作っているメキシコのチーバス、保有選手は財政に余裕があっても常に20名と限定しユースからの積極的な登用を図るイタリアのアタランタ、放漫経営の末に2部どころか3部まで降格しても1試合平均2万の観客を集めるほどに愛されるイングランドのリーズも単なる地域密着度なら理想系でしょう。

その街、その街によって理想系は違います。
歴史・文化・地理・経済・県民性・・それぞれにあわせてその街の理想系があります。
要は、「ちゃんと自分達と自分達の街の特徴を把握して、チーム作りに反映させている」か否かですね。

非常に興味深いエントリーだったので、これで近い内に1ネタ書こうかと思います。^^

投稿: ひろ@管理人 | 2010/03/01 20時18分

現在、ひろさんが考える「クラブチームと支援の本来の関係」の理想の中で、最もそれを体現しているクラブチームは何処ですか?(複数回答可)
(サッカーに限らず、野球やラグビー等でも可)

投稿: | 2010/03/01 05時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/47670039

この記事へのトラックバック一覧です: 地域密着って、ファンサービスって・・:

« かきどまり改修署名に対する御礼 | トップページ | V・Festaとランタン最終日と結束 »