« 中々に忙しい日曜日 | トップページ | 2010開幕戦 »

2010/03/11

44個の”ゼロ”

V・VAREN長崎のGK近藤健一は2006年に加入した。
合流した頃に練習を見て、失点する気配は微塵も感じさせなかった。
コーチングや守備範囲の広さ、反応の早さ、迫力のある飛び出し・・。
文字通り、桁違いの存在だった。
それがすぐに腰を怪我して練習からも実戦からも遠ざかる事に。

V・VAREN長崎の公式戦初出場は
2006年5月14日KYU第6節 海邦銀行(沖縄県赤間)○1-0

無失点試合でこそあったが、そこには負傷前の近藤は居なかった。
バックパスを連携ミスして危うく失点しそうになる。果敢な飛び出しより、迷いを感じさせる事が増えていた。当時のチームがSBの攻撃参加で守備にリスクを抱えていた事もあって、失点が増え近藤は「ポカが多い」と言われるようになった。

06年、気付けば正GKは堤が務め、地域決勝前には塚本が加入して第3GKとなった。
07年にはプロ契約からアマ契約になった。そして、シーズン途中で加入した丹野に徐々に出番を奪われていく形になった。

それでも、近藤はひたすら真面目に練習を繰り返した。GKコーチのいない環境で、工夫し、愚直な程に練習を繰り返した。08年、守備に安定感を生み出した東川体制でついに近藤は開花した。もう誰も近藤を「ポカが多い」と言わなくなり、圧倒的な「守護神」と認め、契約もプロへ返り咲いた。

09年が終ってクラブの残留を果たした近藤には開幕戦に繰り返した積み重ねがある。

3月14日の開幕戦・・近藤はV・V長崎での出場100試合目。

4年間の在籍で通算、99試合出場、92失点。無失点試合44。

周囲に100試合の事は話したので色々各自やるようだ。俺の周辺でも準備中。

記録については全俺の責任集計。
2005年~2009年までの全公式記録をチェックし、更に公式記録のミス記載を当時の新聞、映像、メモから全て修正してV・VAREN長崎の全記録を完全に洗い出し再集計
対象試合は九州リーグ、JFL、長崎県選手権、西日本社会人、全国社会人、九州社会人、地域決勝大会、天皇杯。
資料を提供下さったあらゆる方、関係機関、ありがとうございました。


近藤健一全記録

06年12試合出場11失点
07年23試合出場20失点
08年26試合出場12失点警告1
09年38試合出場49失点警告2

総計99試合出場92失点。警告3
内、無失点試合44

対象試合:九州リーグ、JFL、長崎県選手権、西日本社会人、全国社会人、九州社会人、地域決勝大会、天皇杯。

九州リーグ通算:46試合35失点警告1
JFL通算:34試合44失点警告2
長崎県選手権:4試合2失点
西日本社会人:4試合3失点
全国社会人:0試合
九州社会人:2試合2失点
地域決勝大会:6試合0失点
天皇杯:3試合6失点

V・VAREN長崎デビュー戦は
2006年5月14日KYU第6節 海邦銀行(沖縄県赤間)○1-0

100試合戦って44度の無失点。
開幕戦が終った時に45個目の”0”が加わっている事を祈って。

|

« 中々に忙しい日曜日 | トップページ | 2010開幕戦 »

コメント

凄いデータ。おみそれしました(^∇^)

投稿: 三紙 | 2010/03/13 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/47781956

この記事へのトラックバック一覧です: 44個の”ゼロ”:

« 中々に忙しい日曜日 | トップページ | 2010開幕戦 »