« 漢な製品ポメラを買ってみた | トップページ | 2010年JFL後期10節 町田vs長崎のこと »

2010/09/30

STRONG WORLD

さて、明日は町田戦だ。

この試合に勝っては昇格断念問題とかは一切言い訳にならない。
「J昇格断念の余波」とか「スタジアム問題が・・」とかはこの試合に限っては一切関係ない。

町田も同じ状況だ。
いや、俺が知ってる限りでは町田は長崎の数倍深刻だ。単なるJリーグ入りという事で言えば町田は長崎より展望は暗く、希望も現時点では小さい。同じ準加盟チーム、同じ昇格断念・・別に不幸自慢をしようと言うのではない。この試合の両チームが対等条件だと言いたいだけだ。

J昇格へ向けて準備し、色んな物を犠牲にしてやってきて手が届く所にきての昇格断念だ。納得なんぞ出来る訳はない。時間が経つにつれて怒り、葛藤は大きくなるだろう。気持ちが切り換えられる問題じゃない。不信もあるし、醒めもするだろう。

当たり前だ。

だが、同じ条件の町田に勝てなければ・・その瞬間にチームは負けだ。今、不信を持ち、怒りを感じる対象と同じレベルだ。

スタジアムが無くて昇格出来ない。

4位以内に入れなくて昇格出来ない。

結果は一緒だ。

同じ条件で戦う町田を敗れずに、スタジアム問題を負けた理由には出来ない筈だ。

だから、勝て!

勝って、チームは正々堂々と、フロントに、俺らに、長崎に胸を張れ。
怒ってくれて構わない。

町田の意地を敗れぬ程度の意地ならば・・それは弱さからの逃避だ。

自分らの弱さを棚にあげて、スタジアムのせいで昇格出来ないとは言ってほしくない。
負けてしまえば、弱いから上がれないんだ!弱いから世論が起こらないんだ!

俺が見てきた今年のチームは本当に強く楽しい。

サイド攻撃のスイッチが入った時の前線の動きのキレはゾクゾクする。

元気が一瞬溜めたスルーパスでFWが抜け出す時の感覚、有光がサイドに流れながらペナルティエリアに切れ込むスピード、杉山の突破、神崎の超攻撃的なドリブルからのキープ、いつ見ても全力疾走してる山本、右に左に流れながら動きの落ちない山城、豪快に前に出る熊谷、体を張りながらシュートを狙う宮尾、体を張りながら相手を弾き返す加藤と藤井。絶対的な信頼を持って見ていられる近藤のセービング。

由紀彦のクロスの美しさ、竹さんの献身的なチェック、阿部ちゃんの弾丸みたいな突破、ずっと変わらない原田武男のポイントを押さえた動き、コーチングエリア最前列で声を切らさない佐野達・・。

セットプレイの度に「次はどんなプレイで来る?」と思った。
ロスタイムでも「絶対取れる!土壇場にウチは強い」と信じた。

だから、俺たちのチームが強い事を・・もう1度見せてくれ!

だから・・勝て!

|

« 漢な製品ポメラを買ってみた | トップページ | 2010年JFL後期10節 町田vs長崎のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/49597869

この記事へのトラックバック一覧です: STRONG WORLD:

« 漢な製品ポメラを買ってみた | トップページ | 2010年JFL後期10節 町田vs長崎のこと »