« 覚悟のススメ | トップページ | V・ファーレン長崎支援会って »

2010/12/06

2010 V・VAREN長崎ほんとうの最終節のこと

解雇となった選手を中心に何かをしたい・・そんな話を聞いたのは12月2日の晩だった。
それは結局選手有志主催の物となった。

色んな所から次々に連絡が入ったのが前日の5日。
「1人でも多くの人に来てもらいたい。」
「これが俺達の本当の”結束”です。」

その声に応えたくて・・前日から色々仲間みんなで準備を開始した。会社に連絡して6日の昼から休みももらった。前日の準備中に力を貸してくれた方から聞いた言葉、
「加藤君は生まれたばかりの娘をキッズエスコートに出したいって言ってたんですよ、来年くらいにはギリギリ出せるかなって」
その言葉を聞いた瞬間にキッズエスコートをやる事を決めた。

翌日、昼に1番にかきどまり着。

001
002
選手との約束通り、可能な限り張れるダンマクを張る。

時間が経つ毎に選手が観客が集まりだす。
書いたシーツダンマクは「みんなサンクスマッチ 愛こそ全て」。

キッズエスコートをすべく会場の子供に声をかけて回る。同時に会場の観客を全てカウンターで数える。水増しはしない。

003
武男さん所も由紀彦の所も子供がキッズエスコート参加。加藤もとても小さなリンちゃんをとても大事そうに抱いて笑って並ぶ。
004
いつもスタジアムでDJをやっている川田金太郎さんも音響設備一式持参で全面協力。
長崎新聞もNIBも全面参加。紅葉に誘われた通りすがりの人も・・みんないる。

多くの選手が参加して行われたゲームだ。
005
006
選手が本当に楽しそうにプレイし、観衆が本当に楽しそうに観ていた。
阿部ちゃんと伝の道都大コンビの対決があったと思えば、佐藤陽介がGKをやり梶原は動かない主審やったり・・。試合途中には偶然に銀行業務で立ち寄ったという設定の神様八戸が表れて、武男さんにうながされ、その場で革靴のままプレイ。挙句にゴールを決めて去っていく神様ぶり。宮尾も武男も阿部も久留も洋も全員ゴールを決めると観客に向って走って・・。

試合は5-5の引き分けで終った。その後は観客参加の10分ゲーム。
元気のパスに反応だけしてエア得点を決めパフォーマンスだけ頑張った。明日は筋肉痛で死ぬだろう^^。

その後、皆で写真を撮って竹村のサプライズ誕生日を祝った。
その後は退団選手が挨拶。ラストの武男はマイクを握ると何も言えず・・

「こんなに応援してもらって・・感謝の言葉しかありません。ほんとうに・・ありとうございました」

と言うのが精一杯だった。

そうしてゲームは終ったが・・名残惜しいのか選手も観客もずっと残って話をしていた。

007

金太郎さんが最後に「私はこれまで色んなV・ファーレンのイベントをやってきたが、こんなにグダグダで、こんなに素晴らしいイベントは初めてです」と言った。普段、ボランティアをやっている男性は「こんな終り方しかないんですかね」と涙声で語った。

ピッチの外の色んな事情があって書けない事が多い。
それがとても残念だ。

ただ、このチームの一体感は周囲が思っている以上の物だった。そして、誰もこんな終わりは望んでいなかった事は記しておく。

最終的にカウントした人の総数は192。

それを多いと取るか少ないと取るかは人それぞれだ。
だが、この192人は皆が思ったはずだ。今日のこの光景が多分、クラブがよく言うサッカー文化の1歩であり、地域密着の形であり、6年に渡って拙いながらも積み上げてきた歴史であり・・目指してきたものだと。

Jリーグの応援をやりたければ、熊本でも福岡でも佐賀でもJRに乗って行けば出来る。
俺がやりたいのは「俺の街のチームでJリーグに行く事」だ。
Jリーグへ行く事がやりたい事じゃない。
俺達の街のチーム抜きにはきっと何も生まれない。

予定時間を大幅にオーバーして試合は終わった。

その後、はち蔵へ行き皆でこの日の動画や写真を見て過ごした。

そんな平日の月曜日。

|

« 覚悟のススメ | トップページ | V・ファーレン長崎支援会って »

コメント

私もアウェイの会場で、senjiさんが声を張り上げて応援している姿、みゆたんさんがお子さんを抱っこしたまま速報を送っている姿、拝見しています。
その時は本当に感謝の気持ちを強くしました。

クラブにはこのような無償の力の存在を忘れてほしくない。

ひろさんも新たな挑戦が始まるそうですが、長崎がいい方向に進んでいけるよう、頑張ってください。
応援しています。

投稿: 群馬の長崎人 | 2010/12/08 23時15分

俺より福島ファミリーが頑張ってます。
Senji君とみゆたん程に献身的な人を俺は知りません。
今回も素晴らしい働きでした。

投稿: ひろ@管理人 | 2010/12/08 01時49分

ひろさんへ
返答ありがとうございます。素晴らしい選手たちですね。言ってはいけないことかもしれないけど、来年もこのメンバーで更なる高みを目指してほしかった・・・。

諸事情で名前を掲載できない協力者の方々、ボランティアの方々にもこの場をお借りしてありがとうを言わせてください。


でもやはりひろさん達の力も大きいですよ。
加藤選手のエスコートキッズのエピソードは涙なしには読めませんでした。もし加藤選手がサッカーを続けるのなら、再び娘さんとピッチを歩ける日が来ることを切に願います。

投稿: 群馬の長崎人 | 2010/12/08 00時52分

今回のイベントは徹頭徹尾選手有志の主催です。
俺らはほんのちょっと賑やかしをした程度です。

福嶋洋という感謝を行動に移せる選手が居て、竹村栄哉という多くの選手に愛される選手が居て、
久留貴昭というしっかりフォローをやれる選手が居て、伝庄優、加藤寿一、阿部博一、宮尾勇輝、梶原公、島並貴樹、北川慶、長正之、大塚和征、佐藤陽介、森田浩史、南祐三、田中将平という協力し一体感を作れる選手が居て、残留選手の協力があって、原田武男と言う誰もが象徴だと胸を張れる選手が居て、自分達で作り出したイベントです。

そして、それに心意気で応えた川田金太郎氏や・・名前を出せない様々な人。

そういった人達の主催です。
俺らはダンマク設置して、楽しんで、キッズエスコート呼びかけて、一緒に盛り上がっただけですよ。^^

投稿: ひろ@管理人 | 2010/12/07 14時35分

今回の日記を見て感無量になりました。
平日で192人はすごいsign01
僕も行きたかった。
実行に移した選手の皆さんと長崎のサポーターの方々に拍手を贈りたいです。

プロの世界では戦力外通告は避けては通れぬものだと思いますが、今回の試合は新しいチームに移籍する人にとっても、新しい道に進む人にとってもとても意味のある試合だったと思います。

今回の戦力外通告で、何故なんだと憤りを感じて、必死で戦ってきて、ここまで長崎を引っ張り上げてくれた選手達をなんだと思ってるんだとすごく悔しかったので、今回の試合が行われて、武男さんが涙したという記事をよんで、救われた気がしたし、長崎はやっぱりいいチームだったんだと嬉しくなりました。
理由はどうあれ、選手とサポーターが一緒に試合を企画するなんて、全国初なんじゃないでしょうか(^-^)/。

新しい道に進む選手の方々の人生に幸あれ!
そして、残ってくれた選手の活躍を願います。
私も微力ながら、応援を続けていこうと思いました。長崎のサポーターの皆さんありがとうございました。
長文大変失礼致しました。

投稿: 群馬の長崎人 | 2010/12/07 14時09分

朝から,このブログを読ませていただいて,泣きました。
ありがとうございました。集った選手たち。
偶然あらわれた神様。
192人の観客。
俺もいきたかった。

書籍化,DVD化,待ってます。何年でも。この2010最終節のことを。

投稿: koh | 2010/12/07 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/50231261

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 V・VAREN長崎ほんとうの最終節のこと:

« 覚悟のススメ | トップページ | V・ファーレン長崎支援会って »