« 15名退団の報に寄せて | トップページ | 2010 V・VAREN長崎ほんとうの最終節のこと »

2010/12/03

覚悟のススメ

さて、昨日書いた通り・・変革は必要だと思っている。

気になるのは唯一・・人には感情があるという事だ。

考え方も思考も、目指す物もそれぞれだ。

変革を行うのならば、そこには当然に配慮と覚悟がいる。

V・VAREN長崎とは何だろう。

V・VAREN長崎は企業名だろうか?

誰のチームで、何を目指して、何をしたいのか?

改革は始まった。

振るわれた改革で15名の選手が退団し、去るフロントもいる。

振るった改革の正しさの判断は未来に委ねる。

振るい方に覚悟はあっただろうか?

選手が現役を、

もっとも愛するフットボールを、

断念しなきゃならなくなる改革を断行する覚悟は。

それを断行して返り血を正面から浴びる覚悟はあったか?

改革の第一歩はそこから始まる。

もし、その覚悟が無ければクラブは大きな物を失う。

今を愛せない者は未来も愛せない。

今に微笑まない者に未来は微笑まない。

踏み出された一歩はどこへ向っていくのか・・それを見ていきたい。

ありがとう、お疲れ様、ごめんなさい。

ありがとう。

今日も1日が始まる。

|

« 15名退団の報に寄せて | トップページ | 2010 V・VAREN長崎ほんとうの最終節のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/50196189

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟のススメ:

« 15名退団の報に寄せて | トップページ | 2010 V・VAREN長崎ほんとうの最終節のこと »