« 2人のKAZU | トップページ | 震災復興支援試合TM ロックvs長崎 »

2011/03/31

創成館監督、長崎人”たー”

先日、元V・VAREN長崎の8番で守備の要でもあった久留貴昭・・”たー”に偶然会った。

たーは今、創成館高校で教諭を務めサッカー部の顧問をしている。
名刺を差し出しながら「部員をもっと増やしたくて・・」と笑い、武男に「創成館の練習に来てくださいよ」と誘っていた。

たーは鹿児島出身だ。鹿実で全国レベルを争い、福岡教育大へ進み大学でも九州を代表するDFの1人として活躍した。そしてJFLの佐川大阪(現SAGAWA SHIGA)入り。後期には試合で活躍し、翌年それまで縁もゆかりもなかった長崎へやってきた。それからV・VAREN長崎の主力としてプレイし、06年は地域決勝前の大補強の中でもポジションを守りきり、07年は主将になった。

そして・・長崎で知り合った人と結婚し、V・VAREN長崎退団後も長崎に残る道を選んだ。
今のたーは誰がどう見てもバリバリの長崎人だ。ずっと長崎人だ。

もし、V・VAREN長崎がなかったらどうなったろう?たーは長崎に来なかったろう。

同じように他の街で生まれながら、長崎人になった選手達がいる。
竹村は長いプロ生活の最後の4年を過ごした長崎で生きる道を選んだ。
加藤は奥さんも一緒に長崎に根を下ろす事を決めた。
長崎とゆかりの深い武男だって、V・VAREN長崎がなければ今、長崎にいたか判らない。

JFLでバリバリ戦った”たー”がその経験を長崎の子供に伝えようとしている。
何だかんだ言いながら・・V・VAREN長崎はちょっとずつ長崎の街に沁みていくのかもしれない。1人でも多くの子に”たー”の経験を伝えて欲しい。

こないだまでバリバリJFLで戦っていた選手の指導を受けられるってきっと素敵な事だろう。しかも”たー”はプロ選手もいたV・VARENで主将も務めた男だし、礼儀だってしっかりしている。創成館の子は是非サッカー部を覗いてみて欲しい。

”たー”ならきっと何か面白い事を巻きおこしてくれそうな気がする。

今年は創成館の試合も観にいこう。長崎人久留先生の采配を観にいこう。

|

« 2人のKAZU | トップページ | 震災復興支援試合TM ロックvs長崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/51256214

この記事へのトラックバック一覧です: 創成館監督、長崎人”たー”:

« 2人のKAZU | トップページ | 震災復興支援試合TM ロックvs長崎 »