« V・VAREN+SEXYBABY=長崎 | トップページ | 久々にデータ系の話題でも »

2011/05/30

2011 JFL第13節 Hondavs長崎のこと

試合内容については期間限定をどうぞ。

台風接近の中、土曜夜中に車で都田へ。今回のメンバーは雄二さん、聖子さんwakiさんミスターハッピーターンと言う実に能天気でオメデタイ異名で呼ばれる坂井君(独身)、俺。延々と夜の雨を走り続ける。キックオフ30分前着。雨の時はバクスタは開放無しなのでJ都田初メイン!ちなみに長崎はHonda戦未勝利で特に都田での試合はいつも力で捻じ伏せられいる。
001
試合の方は期間限定で書いた通りだが・・雨の力を味方につけて長崎が快勝した。

正直、単純にこれがHondaとの力差とも思わないし、完全な長崎の実力だけでもない。攻め込みながら中々突き放せなかったし、Hondaにもう少しシュート精度があれば同点にされていた。後半は完全にゴール前からのカウンターの応酬で互角だった。

002
ただ、この試合では、前節の時のような「自分たちの戦い方が出来ればやれる」的な気持ちより、「何が出来るか?何をするか?」という意識が見えた。その意識がシュートを積極的に打たせ、動きを止めず走り続けさせ、チームの意思統一をさせていたと思う。
006
采配も良かった。前節も今節も「攻めて相手に攻撃させない攻撃性」と同じ方針だが、前節は「やれば出来る」と思う余り采配に融通が無かった。今節は中山不在の中の攻撃。相手が放り込んでも守れる高さのあるCB、守備を考えての山本起用と現実に即していた。「ブレない=頑固」ではない。戦い方を調整した事は正しかったと思う。007
長崎の守備原則で攻撃の必須条件である高いラインを保つ4バックの綺麗な並び。
003
基本の戦い方がしっかり浸透している証拠。井筒と橋本が入れ替わっても変わらない。そして、その守備網を抜けても近藤がいる安心感は大きい。
004
初スタメンの翔馬。
005
ロックの時みたいなムチャさが欲しい。ちなみに仲間内では愛され系だ。

ウチのチームは若いので気分が顔に出る。この日はこんな感じ。
008 009 010 011
次は島原でこんな顔を見せて欲しいものだ。

ちなみに・・012
試合中、まるで最愛の人を亡くしたかのように雨に打たれながら震えていたこの人は今年に入って急速に自分のキャラ設定を行っている。

「お菓子のハッピーターンが大好きでアウェイに行く途中に食べると負けない」、「試合の真っ最中に応援しながらカレーを食べると勝つ」という設定に加えて、この日は「雨にズブ濡れになると勝つ」っと言う設定を手に入れた。

雨に濡れても応援するその凛々しい様を聖子さんは「生まれたての子鹿みたい」と評していた。彼は30半ば過ぎてから体を張った芸風で応援者として開花を狙っているようだ。

次の試合で負けそうだなと思ったら是非、スタンドのお客さん達はバケツで水をかけてみてはいかがだろうか?

|

« V・VAREN+SEXYBABY=長崎 | トップページ | 久々にデータ系の話題でも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/51807657

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 JFL第13節 Hondavs長崎のこと:

« V・VAREN+SEXYBABY=長崎 | トップページ | 久々にデータ系の話題でも »