« 水曜に練習を見に行ってファンサービスを見るの話 | トップページ | 2011年長崎県選手権1回戦のこと »

2011/07/25

2011JFL 後期4節 印刷vs長崎のこと

例によって試合内容は期間限定をどうぞ。
こっちはアウェイの日記みたいなもんだから。

印刷戦ははち蔵号に乗って8名で出る。雄二さん、聖子さん坂井君山頭さんwakiさん、チカちゃん、シン君、俺。車は快調に京都へ入り会場着。
001
何も食べていないので、印刷の試合の為に出店しているお店に焼きソバを買いに行くと焼きソバの屋台の人から今日は何の試合があるんですか」「試合は何時からですか?と逆質問される。あぁ・・スタジアムグルメって難しい。

ウチは関西出身者が多い。7名もいる。確か、V・VAREN長崎設立理念の一つに、「地元出身選手の受け皿」と言うものがあった気がする・・長崎出身者は現在近藤1人だが、まぁ、他県出身だろうが、長崎を好きになってくれれば、長崎の為に必死にやってくれるのなら、武男、加藤、竹村、久留といったOB達のようにみんな長崎人だ。そんな関西出身者の多い長崎なので彼らを応援する人も多い。無論、選手の家族も大量に来ているだろうから、ウッカリな事も言えない。^^;

さて、試合は派手に動いたようでじっくり苦戦した。

003_2 004_2
005_2 

印刷の戦い方は決して高度ではなが、その戦い方を中々振り切れず苦戦するのもフットボールの難しさだ。当日は30度を越える気温、風無しの環境も響いたけどね。

008
009
上下の写真は同じ位置から撮った前半と後半。
これを見ると互いに相手の布陣を崩しきれてない事と、両チーム共に中々に整備されていることがわかり易いと思う。これ位、実は接戦だったのだ。

この日の布陣は有光や山内の力を引き出そうという形。アリは実質は自由に動いてよいフリーマンでトップから、ボランチやサイドまで下がりプレイ。これでマークはかなり軽くなる。左サイドの山内はサイドハーフとウイング両方を兼務。布陣をあえて文字化するなら「4-2-2-1+1」という感じで。有光が状況にあわせてFWになり、サイドハーフになり、ボランチになりトップ下になるという感じ。

選手に消耗が出てきた中で頼もしいのが山内だ。強化部が「シーズン10点以上は固い!」と評価した通り、復帰後、存在感を増している。。ゴール前での粘りやキープ力は圧巻で先が楽しみだ。また、水永も得点を重ねて好調。これで負傷中の中山が復活すればリーグ最強クラスの攻撃陣になる。彼らが更に高いレベルで競ってくれる事を期待したい。
007_2
試合後は奈良出身のシン君の母 チエちゃんに遭い、シン君は実家へ帰省。シン君に代わり京都先乗組のキリちゃんと入替。昨年に続き・・今年も焼肉を食べに行く。

010
今回行ったのはアジェ。近所には良い雰囲気のおばあちゃんのやっている飴屋があり、聖子さん達はお土産に買っていた。その後、運転交代しながら長崎へ向かい、山頭さんと「写真家とはなんぞや!」とか「写真とはなんぞや!」と言った男臭いトークをしたり、車に乗ったら自分が運転する時間以外常に即寝で「あんたさんは、自分家で寝るよりグッスリ寝てないか?君はミフゥ(福島家次女 3歳)か?」等と会話。実はアウェイで一番楽しいのはこの移動中の会話だったりする。

3:00頃に長崎着。洗車して解散。

来年も京都で勝って焼肉食べいきたいもんだ。

|

« 水曜に練習を見に行ってファンサービスを見るの話 | トップページ | 2011年長崎県選手権1回戦のこと »

コメント

杉タク、とってもいいね。応援したくなるねー。

投稿: v | 2011/07/25 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/52304655

この記事へのトラックバック一覧です: 2011JFL 後期4節 印刷vs長崎のこと:

« 水曜に練習を見に行ってファンサービスを見るの話 | トップページ | 2011年長崎県選手権1回戦のこと »