« 松田直樹という男 | トップページ | 褒めてるのに嫌がられそうな話 »

2011/08/08

2011 JFL後期6節 長崎vsHondaのこと

試合内容については期間限定をどうぞ。こっちは観戦記みたいなものだから。

今回はJRラッピングトレインwith草場道輝があった。以前書いた通り参加したかったが・・

001_2
v-ist選手カードを当日は売店で販売するので・・その準備で早めの会場入りをせねばならず、参加できなかった。あと、この日は前回の炎熱地獄対策として
002_2
冷たいミストシャワーまで設置していたのに・・当日は蒸すものの曇。しかも強風。  集客は佐世保のビッグイベント「シーサイドフェスタ」の為に苦戦。よく1500集ったもんだ。
003
ちなみにJRのツアーはキックオフ15分前にギリギリ到着。運行時刻はJRが決める為にクラブではどうしようもないんだけどね。あと、ツアーバスの停車場所が売店やら入場口やらの導線を一切無視しており、殆ど出店に好影響を与えてなかった。現在のV・VARENの出店は利益率が高い訳ではない。にも関わらず、ツアーの有無や成功が出店に何の影響も与えず、Winをもたらさないなら出店業者は余りに報われない。公式戦開催の全てをトータルでプロデュースして欲しい。

当日は松田直樹選手へ哀悼としてフラッグ半旗と黙祷があった。
007
支援会とULTRAとv-istで当日のグッズ売り場で黒リボンを配布させてもらった。
004
ちなみにピッチは虎刈り状態。現在、芝のまともな大きめの競技場は県内に島原と佐世保の2箇所しかない。夏休みに入れば各競技場は鬼稼動に入る。荒れ放題なのは当然だ。国体開催のスケジュールは既に判っていながら、2014年の本大会のみの為に”今”のスポーツに犠牲を平然と強いる・・それが俺の街のスポーツ行政だ。

恥だと思う。スポーツ振興課って何だ?何が振興?


ちなみに試合は両チーム共に存分に力を出し合うというより・・劣悪なピッチというマイナス要因を引き算したフットボールで戦い、決めるべき所で決めきれななかった長崎が1発決めるしか出来なかったHondaに追いつかれた。

俺の知っている長崎はもっとガンガンにボールをつないで、サイド、中央を使って翔馬がポストプレイやって、雄大やアリが中央で展開してってフットボールをやる。俺が見てきたHondaはこの日みたいにCBの間めがけてひたすらボールは放り込まない。憎らしいくらいにパスと速攻とドリブルを織り交ぜて攻めてくる。でも、それは見られなかった。少し残念だ。005
006
008
009   
試合後の選手サイン会には由紀彦も参加した。
あとで聞いた話だが、松田直樹選手の件で由紀彦の元に取材は殺到しているんだと言う。在京のマスコミやライターも含めて、それを全部断っている状態だそうだ。当然だろう。

にも関わらず、由紀彦は佐世保のファンの前に出てきて笑顔でサインをしていた。
俺達はもっと誇って良い。佐藤由紀彦が長崎にいる事を。俺達が恵まれている事を。

JRのツアーはサイン会への参加もそこそこに15分で会場を後にしていた。ツアー参加者に話を聞いた際に、どの参加者も異口同音に口にしたのが「試合に出ていない選手とか1人でも乗ってくれてれば・・」だった。

実は支援会でここ2ヶ月間ほどずっとクラブに訴えている事がある。
サイン会参加選手の事前発表と、その中に怪我をしている選手も含めて欲しいというものだ。Jなどでは怪我でプレイ出来ない選手がサイン会などを特に積極的にこなす例もあげて要望した。回答は「試合に出た選手がするというのが売りの企画」というものだった。また、「怪我をしている選手には治療に専念させたいから余りさせたくない」とも・・。

それが本当に売りになっているんだろうか?無論、試合に出ている選手だからこその価値はある・・でも、試合に出ていない選手もファンには変わらぬ存在だ。この日のツアー参加者の「怪我している選手とか参加出来ないのかな?」との言葉を聞いてそう思った。

以前、佐野監督と話した際に
「地域密着とかやるためなら選手も俺もドンドン参加したい」と言っていた。
俺が話す限り、社長も同じ方針だ。ではどこでボタンは掛け違っているのだろう?

ちなみに・・ツアー参加者の色んな方から少しずつ限定グッズをいただいた。
あぁ・・手厚い社会保障だ。ありがとうみなさん。

010

|

« 松田直樹という男 | トップページ | 褒めてるのに嫌がられそうな話 »

コメント

監督や社長の考えや気持ちが同じでも、それをきちんと“選手やコーチ陣、フロント陣”一人一人にも伝えているのだろうか。
勿論、監督と社長も、互いに自分の考え・気持ちを何度も話し合い、伝えているのだろうか。

もしかすると、同じ気持ちや考えであっても、お互いに気を利かせてしまい、かえって消極的になっているのかもしれない。
(監督:あまり出しゃばってフロントを困らせたくない)
(社長:選手・監督コーチ陣に負担を掛けたくない)

投稿: | 2011/08/09 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/52426438

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 JFL後期6節 長崎vsHondaのこと:

« 松田直樹という男 | トップページ | 褒めてるのに嫌がられそうな話 »