« 2011 JFL後期6節 長崎vsHondaのこと | トップページ | 神崎!俺は待ってるぜ! »

2011/08/11

褒めてるのに嫌がられそうな話

我らがクラブのV・VAREN長崎のマスコットキャラと言えば彼だ。
Img_4934
2010年のデビュー以来、周囲の女性や子供のハートを握りつぶさんばかりに鷲掴みで全国のクラブマスコット愛好家達の間でも注目度が高い!いやマジで。

そんな彼について前々から非常に褒めたくて褒めたくてたまらないけれど、褒めるのがはばかられる事がある。だが、今日は勇気を振り絞って褒めよう。
ただ、嫌がられそうなので、出来るだけ大事にならないように穏便な表現で褒めたいと思う。

マスコットキャラであるviviは誰が何と言おうが鹿とオシドリのハーフであり、vivi君という生き物なのだが・・その何と言うのか・・中身などいないし、着ぐるみなどでは無いのだが、着ぐるみのクオリティがとても高いのだ!着ぐるみなどではないのだけど!世間一般の着ぐるみはクオリティがとても大事だ。ウルトラマンの怪獣などを見てみれば良い。
Mefi(左がウルトラマンに初登場したメフィラス星人。右が数年後に作られた2代目。)

予算が下がれば「これが同じ怪獣か?しかも出来の良いのが昔の方だぞ!」っと言うのほど差が出る。例えば今は出戻った後家さんみたいに名前が変わった北九州の某Jチームのマスコットの着ぐるみのクオリティは半端なく低かった。
Atarasiikaze
見ていて時にモノ哀しささえ感じたものだ。実際、私の知人の息子はこれを北九州で見た瞬間に恐怖の余り咄嗟に蹴りをしてしまったと言う。

だが、断じて着ぐるみではないが、我等のvivi君はどうだ。無論、vivi君と言う生き物なので当然なのだが、安い着ぐるみの感じがまったくない!鹿とオシドリのハーフである事は疑いようもないが、作った業者さんの腕を誇りたくなる。
また当然、生き物なので、クラブも業者に依頼なぞしていないし、何の予算も使ってないのだが、予算をケチらなかったクラブを褒めたくなる。

さらにvivi君の中に断じて人はいないのだが、中の人のvivi君加減がまた絶妙なのだ。それは競技場でも他のイベントでもまったく変わらない。だから常にキュートだ。存在しない中の人へのリスペクトを禁じえない。

是非、みんなも競技場でイベントでそんなvivi君に会ってほしい。

Ajpg

|

« 2011 JFL後期6節 長崎vsHondaのこと | トップページ | 神崎!俺は待ってるぜ! »

コメント

当時のものがどうなったかは知りません。
ギラヴァンツ北九州の事務所の片隅にでもあるのかもしれませんね。
5年後に新スタが完成するので、その時に展示してほしいと願っています。

投稿: 通りすがり | 2011/08/13 09時42分

それはそれは誇りある一品ですね。
仔細は知らないのでご気分を害されたら申し訳ありません。で、単純に質問したいんですが、今その着ぐるみ君はどうなっているんでしょうか?今の着ぐるみは随分顔つきも体格も変わっているんで同じ奴ではないですよね?

投稿: ひろ@管理人 | 2011/08/12 22時52分

>北九州の某Jチームのマスコットの着ぐるみのクオリティは半端なく低かった。

これはニューウェーブ北九州の原GMの奥様の愛情のこもった手作りの作品です。
財政的に厳しい状況で業者委託できなくて、それでも一生懸命心を込めて作っていただいたものです。
破れたりしたところは補修しつつ、ニューウェーブ北九州と共に歩んできた私たちの「誇り」でした。

投稿: 通りすがり | 2011/08/12 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/52450831

この記事へのトラックバック一覧です: 褒めてるのに嫌がられそうな話:

« 2011 JFL後期6節 長崎vsHondaのこと | トップページ | 神崎!俺は待ってるぜ! »