« 何の為の祭りなのか?? | トップページ | 日曜なので百花台へ練習を観にいく。 »

2011/10/11

2011天皇杯2回戦 長崎vsヴェルディのこと

試合内容は期間限定をどうぞ。

さて、天皇杯だ。

今回もはち蔵号で向かうのだが、雄二さんと聖子さんは飛行機で10日の朝入り。はち蔵号を借り福島家美咲ちゃん、コータ、wakiさん坂井君と東京へ向かう。坂井君は不参加予定が練習場で哲ちゃんに「応援お願いします」と言われたので急遽参加。この人は社交辞令を信じて有頂天になる人だろう。結婚詐欺にあわないか心配だ。

夜通し車を走らせ渋滞に捕まる事もなく東京着。

駒沢だ。

001

早め着いたのでスタジアム前衛芸術チーム”KUGYU”として坂井君とショートコント「集会」をやったりする。ちなみに長崎はチーム結成7年でジャイアントキリング”0”。ヴェルディは6年連続天皇杯初戦敗退。ある意味サイバイバルだ。

さて、試合内容だが正面から小細工無しで挑み粉微塵に粉砕された。佐野さんからすれば前に出て徹底的に攻める。その結果叩き潰されても構わない位の意識だったと思う。

ヴェルディの出来は悪くチャンスは多分にあった。選手の動きも中々で先制成功。しかし、セットプレイの守備の弱さはヴェルディの出来の悪さや流れ全てを吹き飛ばす程の物で、チャンスを自滅するかのように手放してしまった。
002
003
004
005   
後半、ヴェルディはサイドを好き放題に蹂躙。前半は拙攻に過ぎなかったFWを縦に走らせるショートカウンターもサイド攻撃が加わる事で脅威に変わり、セットプレイでの立て続けの失点が苦手意識を呼ぶ。崔がやや厳しい判定で退場した後、残念な事に守備の軽くなる選手がいた。ボールを簡単に蹴る軽いプレイは見たくなかった。
006
007
008
009   
佐野さんは最後まで攻撃的に行った。それが火に油を注ぐ結果になった点は否定出来ないが、指揮官が選手の自信喪失を覚悟してでも行った采配であれば評価はともかく支持はする。個人的には玉砕上等!と思う。しかし、選手の気持ちが切れれば意味はなく、ましてや悔しさを一過性でしか感じなければ屈辱しか残らない。

昔、KYU昇格決定後にサブ主体で琉球に挑み0-8で負けた。翌年に勝つ迄その事は誰も忘れなかったし、0-8は今も語られている。JFL優勝とはJ2並の実力が目標と言う事だ。1-7。ずっと改善を謳うセットプレイでの4失点。それは俺らがそう思わなくても「10年勝てないと思わせる勝ち方」。クラブ史に屈辱の記録はあるものだが昨日の試合は正にそれだ。

ドイツW杯でブラジルに完敗したのに日本人は笑顔だった。選手・W杯を見れた…その中でずっと彼らを追ってきた者は怒っていたが少数派に過ぎなかった。俺はキレてた。「悔しくねぇのかよ」「俺達の黄金世代がブラジルに情けまでかけられて悔しくねぇのかよ」シドニー五輪で中田ヒデがPKを失敗した時、実況が「日本敗退」と言い終る前にTVを消した。布団に潜り込んだ。一切フットボールの話題にふれられたくなかった。

日本代表ですら感じた悔しさ。長崎でそれを感じない訳は無い。
真っ向勝負に異論はない。選手もよく頑張っていた。玉砕にも悔いは無い。それでもハラワタが煮えくりかえるほど悔しい。

俺の近藤が地面を叩いて悔しがるのを見るのは余りに悲しい。中井が山城がズルズルと押し込まれ、神崎が必死に前に走り、山内が喰らいついてるのに追いつけない。アリが、翔馬が、雄大が泣きそうな顔で頭を下げるのを見るのは屈辱の極みだ。

010
ヴェルディが試合後に勝利のチャントを誇らしげに歌っている。

黙ってただ黙ってピッチとヴェルディ側のスタンドを見つめた。

試合後、出来の悪い試合に監督が説教したそうでヴェルディの選手は暗い顔でバスに乗り、勝利チームと思えない早さで競技場を後にした。俺は帰りは飛行機なので、羽田まで皆に送ってもらい長崎に戻った。

|

« 何の為の祭りなのか?? | トップページ | 日曜なので百花台へ練習を観にいく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173792/52968388

この記事へのトラックバック一覧です: 2011天皇杯2回戦 長崎vsヴェルディのこと:

« 何の為の祭りなのか?? | トップページ | 日曜なので百花台へ練習を観にいく。 »