« 2011年10月 | トップページ

2011年11月

2011/11/07

さらばKLMブログ 【この時代の名をKLMと言う】

2005年から始めたこのブログ「小ネタと日記 blog版」
気づけばV・ファーレン関連ブログの中で最長の期間運営したblogとなっていた。

クラブのカテゴリは変わり、友人達の顔ぶれも随分と様変わりし、
選手も入れ替わり、スタッフ含めて最初から今も残っている人はかなり減った。

ゆく川の流れはたえずして・・もとの水にあらず。

001_2
002
003
004   
005 

つぅ訳でブログを引っ越すよ。

新ブログ名

【仮題 大サポーター KLMブログ 俺達の誇り”俺” ~Our Pride Me~】

http://klm.noramba.net/

なのでブックマークしていた人は新しく登録しなおしといて下さいな。

006

実はv-istで6月くらいから準備していた事。v-istが積極的に企画に関わって、V・ファーレン関連のブログ村的な物を作ろうという奴。クラブとの協議なんかもちゃんと行って主だったファンブログを中心に、選手ブログなども集めて、更にWeb版のV・ファーレン長崎関連フリーペーパーもここでやろうというプロジェクト。

のらんばブログ

ViSta

是非、V・ファーレン関連ブログをやってる人は移行してみてねん。
今後も選手やファンブログは増える予定だし、ブログのテンプレートもV・ファーレンの青とオレンジなんか系を使えるように準備中。

っという訳で新ブログ、どぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/01

風船が飛んで東日本を救う

11月3日(祝・木)のJFL前期第3節「V・VAREN長崎 vs Sony仙台」の試合は東日本復興義捐試合だ。勝点は関係ない。だが、観客動員は集計されるし、何より義援試合なのだから長崎と言う街の懐の深さを示したい!!!

クラブも集客に力を入れているし、少しでも足がない観客にも来て貰えるようにと無理を押してでもラッピングトレインツアーを行う。

そして・・

ここに書いている通り、V・VAREN長崎支援会ではコバルトーレ中島プロジェクトの告知チラシ配布と義援ステッカー販売を行う。

そして・・ウルトラナガサキでも

バルーンプロジェクト ~蹴球がある限り、共に頑張ろう 空高く、この思い飛んでけ~

を開催。クラブ許可済の応援イベント。キックオフにあわせて風船が舞い上がる!!バックスタンドオンリー!バックスタンドで一緒に風船を飛ばそう!子供の先着100名には風船プレゼント。風船は自然に分解される素材を使い環境にもしっかり配慮。チームにも地球にも優しい。エコロジー。

また、当日は一緒に準備作業をしてくれる人も募集中。

当日は7時からバックスタンドで準備作業中。是非参加を!!

支援会としても両方のコバルトーレ中島プロジェクトの支援を行いながら、こちらにも協力予定!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JFL後期13節 讃岐vs長崎のこと

例によって試合内容は期間限定をどうぞ。

さて、カマタマーレ讃岐戦・・うどん県だ。
今回のメンバーは福島ノア号に、福島家美咲ちゃん、俺。はち蔵号に、坂本家、岩佐君、和樹さん坂井君の計11名。長崎オーシャンズイレブンだ。福島ノア号はセンジ君と交代で運転。前回の車中では美咲ちゃんと「男性的魅力の底辺」を語り、今回は「男性的魅力の頂点」を語る。

明け方に瀬戸大橋ではち蔵号と合流し、うどん県を制圧すべくうどんを食しに向かう。しかし、うどん県の讃岐うどん店はトコトン強気経営だ。何しろ11:00開店、14:00閉店はザラで土・日は休みの所も多い。なので我々は24時間営業のうどん店に向かう・・がっ、何と朝なので釜玉うどんがないと言う。うどん県の筈なのに!!!更に我々の食後の感想はうどん県でのNGワードとされる「丸亀うどん(兵庫の会社)と大して変わらん」だったりした。
001
その後会場へ向かい着。

002
洋はサブだ。みんなで洋の名前がアナウンスされた時に痛快にブーイングする。洋も「とても嬉しかった」そうだ。そして長崎の崎がこんな字になってたりする。
003
さて、試合だが、期間限定に書いた通り「互いに決定力を欠く膠着状態」だったが、チーム状態は改善を感じさせた。それだけに勝って自信を取り戻したかった。
004
005
006
007
008
009

指揮官は試合後「選手はよくやった。僕は彼らに色々言えないよ」と言った。選手を庇うのは当然だし、確かに選手はよくやった。そんな事言ってる者はいない。だが、「守備リスクを犯してでも攻撃に行く」と公言するチームが打ちあいで2点を奪えなかった。優勝を公言したが、今季昇格チームにシーズン未勝利が確定し、首位浮上のチャンスに足踏みをして8位になった。

指揮官の言うとおり、勝負はラスト5試合になるだろう。その時こそ真価が問われる。だが、その前で足踏みをして勝負所に勝てるかという疑問は残る。次の義援試合で勝点は無い。他チームが差をつけてくる。こんな事は指揮官は言われなくても誰よりも判っていたろう。実際に翌日の練習は非公開だ。本当に何も言えないほどやったのなら、そんな必要はない。

この試合に向けて打った指揮官の手は全て納得がいくものだ。状況打開を狙い色んな手も打った。モチベーションも徹底的に研ぎ澄ました。神崎の起用も当たった。野本交代も当たった。運不運で勝てなかった部分は確実にある。チーム状態もちゃんと修正してきた。

ならば俺の「最後は俺ら勝てますよね?」の声に「選手に色々言えない」じゃなく、胸を張って「次は大丈夫!!」と叫んでほしい。選手とフロントは別なものじゃない。一つのチームだ。チームとサポーターは別じゃない。一つのチームだ。佐野達の采配は間違ってないし、方針もブレていない。長崎は確実にその手腕で1ランク上のチームになった。だからこそ、建前は要らない。ゴール裏に建前を言いに来る必要は無い。本音の「絶対勝つぞ、次!」が聞きたい。

雨の中で片付けながらそう思った。

選手の心底悔しそうな顔が浮かんで・・少し気持ちが救われた。金山の顔も浮かんだ。金山はこの日、ファインセーブ連発。「金山ってこんなイイ選手なのか?」と誰もが思う程だった。神崎の得点が決まった瞬間、クルっとこちらを向いてガッツポーズをした。この日、金山ほどゴール裏の気持ちを盛り上げてくれた選手はいない。

011
試合後、再びうどんを食べに行く。今度は行列も出来ている名店だ。丸亀うどん(兵庫の会社)を遥かに超えていた。やっぱり本物は違う。本物が大事だ。
010_2
その後、ジャンケン敗率が8割を超える俺の凄さの話題となった。美咲ちゃんが「ジャンケンで負けた人がこのテーブルの代金全部払うってどうですか?」と悪魔の提案をした。ジャンケン敗率8割だが、毎回自分が負けると露ほども思っていない俺は逃げない。ちなみにこの直前に冗談でやったジャンケンでは4人でやって最初の時点で1人負けしている。

しかし、ここ一番での勝負弱さに定評がある坂井君が敗北。「実に、あなたらしい負けっぷりですな、小さく勝って大きく負ける・・あなたの人生が出ている。」と俺が言うと小声で「おでんまで食うなさ・・」と毒づいていた。

こうして我々はうどん県を後にした。その後、小谷SAで聖子さんはキーを車中に残したままロックしてしまい、ロードサービスを呼んで、鍵でもチャックでも何でも空けます」という心強い職人に助けてもらったりして2:00過ぎに長崎着。

次の試合は木曜だ。

早ッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ